長い期間に渡って使用できる家具を見つけることが重要です

MENU

機能性が高い

これまでの歴史や変遷

カーテンとは、古代ローマではベッドの周りを覆うものでした。しかし、中世ヨーロッパでは、今と同じようにカーテンは窓を覆うものになります。このため、日本には江戸時代に長崎の出島を通じて日本に初めて入ってきました。しかしその当時は支持されず、あまり広がりませんでした。明治時代末期以降、西洋風の建物にはカーテンが導入されました。一般庶民に広がったのは日本の家屋や生活習慣が洋風化してからといわれています。 汎用品よりも高価でかつ思いの通りの長さにオーダーできるオーダーカーテンは、バブル景気以降、富裕層を中心に広まっていきました。デザイン性に優れた住宅や出窓が広がるにつれ、それに伴うオーダーカーテンも増加しています。

今後の動向についての予測

カーテンは、従来の窓を覆うという役割だけでなく、遮熱や遮音、断熱や保温性の高さといった機能性を求める人が増えてくると思われます。なぜなら、日本の高温多湿な環境を少しでも住みやすくしたい、エネルギーを無駄なく使いたいという人のニーズがあるからです。ですから、オーダーカーテンについても、より機能性の高いものが市場に登場すると予想されます。 さらにインターネット社会の進展で、買いに行くことが大変なオーダーカーテンについても、通販サイトなどで手軽に購入できるようになると考えられます。 従来は、高級な人しか保持できなかったオーダーカーテンが、より多くの人に利用されるようになると考えます。だからこそ価格帯も幅広く、種類も多くなると予想されます。